ブレーキチェック: ブレーキ鳴きについて

ケンドル エンジンオイル: 1年/1万km毎交換の長寿命設計

小糸・フィリップス等のHIDバルブ

ヴィプロス、クリスタルプロセス等

スペースグウッズ、ドクターデオ等




クリスタルプロセス
Bu・N・Ka・i
桧葉水

ブレーキ鳴きが出る [不具合1]

関連ページ ブレーキチェック表  ・ ブレーキチェック2
不具合1 [ブレーキ鳴きが出る]
ブレーキ鳴きは、パッドとローターの間で発生する摩擦力が原因で振動がおこる現象です。
この振動の周波数によって、車体振動がおこったり、「キー・グー」等の音として聞こえます。

ブレーキ鳴きを止めたり、かるくするためには、振動自体を無くすことや不快な音にならない周波数にすることが必要になってきます。

また、振動周波数は車種・使用状況・使用環境等で変化しますので、常に現状の的確な把握がブレーキ鳴き対策のポイントとなります。

動いている物体に静止している物体を押し付けると、その大小の差はありますが、かならず振動は発生します。
その例としてわかりやすいのがレコードプレーヤーがあげられます。プレーヤーの針はレコード盤に刻まれた溝の上に、ある一定の圧力でおしつけられており、レコード盤が回転することによって針が微振動を起こします。
この微振動を増幅器が増幅しスピーカーを介して音を発生しているわけです。

() レコード盤=ローター、プレーヤーの針=パット、増幅器=足回り・キャリパー・車体

自転車のブレーキも同じことです。回転しているローターにパッドを押し付けるのですから、レコード盤と針の関係にあります。ブレーキでの増幅器の役割はキャリパーや周辺の懸架装置などです。ローターとパッドの振動がキャリパーや周辺の懸架装置などにつたわり、これらの部品が共振し音となって聞こえます。
発生の度合いは、摩擦面・ローター面の状態も大きく影響してきます。
不具合問診 [不具合問診]: 問診により不具合各部位の推測や対応を検討します。
一般的にブレーキ鳴きのなかで「キー音」が多いため、詳しい問診を行わずにブレーキパッドの脱着を行い、パッドへ必要以上に対策を行った結果、制動力不足や早期磨耗の原因を作ってしまうこともあります。

[1]. 音の種類: どのような鳴きか?(キー音・グー音)
異音との区別(ガー音・グー音は異音としてべつの対応が必要です。)

[2]. 状況: いつ発生したか?、そのときの天候は?、発生頻度は?、発生場所は?

[3]. 温度: 走り出してどのくらいか?(時間・距離)

[4]. フィーリング: ブレーキのかけ方(急制動・緩制動)、ブレーキをかけていないときは?

ブレーキを軽く踏んだ時や停止寸前にキー音が発生する [不具合2]

不具合2 [ブレーキ鳴きがキー音と判断した場合]
ブレーキ鳴きで一番多いのがキー音です。また、関係している部位が多く、的確な対応を行っても使用状況の変化や気候の変化で再発する可能性があります。

ブレーキ鳴きの低減方法はいろいろありますがここでは一般的に有効とされている方法をご紹介いたします。

[1]: パッドの残量確認
ブレーキパッドの残量が少なくなると鳴きやすくなる傾向があります。また残量がなくなるとパッドウェアインジケーターがローターに接触し音により磨耗を知らせます。

[2]: ローター点検。表面研磨・段つき除去・反り・振れ点検
ローターの段付や表面が荒れていると、鳴きの原因になります。ローターの点検確認を定期的に行ってください。

[3]: キャリパー稼動部の点検・グリス塗布
キャリパーの点検を行い、稼動部に適切にグリス塗布を行ってください。

[4]: 形状加工
ブレーキパッドの摩擦材表面の加工によりブレーキ鳴きを軽減できる場合があります。(スリット等)

[5]: シムの点検とグリスの塗布
シムが未装着の場合やグリスの塗布が行われてないと鳴きやすくなります。
また、シムを点検し、錆や破損がないことを確認し、グリスを適切に塗布してください。

[6]: ピストンバック
キャリパーピストンを点検確認し、ピストンを押し戻しスムーズな可動を確認してください。

[7]: パッド裏板点検、修正
ブレーキパッド裏板が変形や反った状態だとブレーキ鳴きの原因になる可能性があります。
パッドの残量 [パッドの残量]
自動車メーカーの基準ではブレーキパッドの使用限界は残量1mmの会社もあります。
しかし、この使用限界はあくまで限界ですので、安全のためには残量2〜3mmを推奨します。

また、最近のブレーキパッドには(すべてではないですが)磨耗センサー(ウェアインジケーター)が装着されており、使用限界に近くなると、異音を発生させて知らせる仕組みもあります。

万が一ブレーキパッドの使用限界を超えた場合、対面するローターに損害を与え、最悪ブレーキが利かなくなり、危険を伴います。したがってブレーキパッドの残量は定期的に確認を行い、次回点検時までに余裕をもった交換が必要となります。

[特記事項]
ブレーキパッドがだめになると、ローターまでだめになります。逆にローターがだめになるとブレーキパッドもだめになります。両方の定期的な点検が必要です。
このことからブレーキパッドの交換については、残量5mmぐらいから注意が必要となります。
[]: 2mmのところはヒートバリアである断熱材になります。
うすくなるとやきがはいってしまい、ブレーキオイルが沸きます
ローターの状態 [ローターの状態・段付磨耗・スコーリング]
スコーリング(溝状磨耗)や段付磨耗になるとブレーキ鳴きの原因になります。
この場合研磨を行うか、ローターそのもを交換する必要があります。
セミメタ: ブレーキを踏んでいなくてもローターが削れる。
高速でローターがガタガタぶれる ⇒ この場合パットとローターを同時に変える。
キャリパーの状態 [キャリパーの状態]
各部のグリス塗布を行い可動部がスムーズに動くことを確認してください。
また、キャリパーピストンのダストブーツの点検及びピストンの動きを確認し必要に応じてオーバーホールを行って下さい。
形状加工による対応 [形状加工による対応]: 形状加工は必要以上に大きくしない事(早期磨耗防止の為)。

端部チャンファーカット: キー音、チー音に対し効果大。
加工許容寸法
1. 摩擦材面表面積の20%以下に抑えてください。(早期磨耗に影響するため)
2. A寸法の最大値は15mm以下。
3. B寸法の最大値は8mm以下


スリット加工
加工許容寸法
@A加工巾は2.5+-0.5mm
B加工深さはプレート面より少なくとも1.0〜1.5mmの摩擦材厚を残して下さい。

ケンドル ギアオイル 80W-90
Kendall Motor Oil

special limited-slip gear lube。LSD装着車、四輪駆動車にも。

  グラスバリア(横浜油脂)
Glass Barrier

ガラス系ボディコート剤。ガラスのような透明感ある艶を実現。

  クリスタルプロセス
ヴィプロス

ハイテクX1やSi-700など、業務用ケミカルの取扱を開始。

桧葉水
ひのき葉水

桧の葉を加工し成分を蒸留水の中に溶け込ませた消臭剤。

  スーパールーメンプラス
LEDリアコンビネーションランプ

明るさ4000lmの純正交換用HIDバルブ(D2S/RとD4S/R)。

  ワックスオイル(防錆剤)
アースクリーン

車体内部と下回りの錆の発生を防ぐ防錆剤。